2016年8月31日水曜日

ハットリくんが描かれた、お魚滑り台

【子どもが遊んでいなかったら…】

気がつかなかったと思います。

信号待ちをしているときに、なにげなく視線を向けた先に親子の姿が…???。



あれれ、
よ〜く見ると…、魚の形じゃん!

氷見の漁港の片隅にある小さな芝生スペース。
このオブジェは、口が「滑り台」。


しかも、ハットリくんなど、藤子不二雄Aさんのキャラクターが描かれています。

胴体はジャングルジム。
背中には「ジップライン」が!


いかした演出だと思いませんか?
こういう街って、楽しいですね。

2016年8月30日火曜日

めっちゃ広い! 比美乃江公園

【番屋街のお隣さん】

番屋街は、メインの飲食店やショッピングゾーン以外に、公園や温泉もあります。

海岸沿いは、比美乃江公園という、眺めのいい公園になっています。
高岡方面を望むと、広々とした芝生が気持ちいいです。


ただ、この公園、散歩するには広すぎます。
石川県方面は能登半島が望めます。


そして、天然温泉が楽しめる総湯。


の〜んびり、1日楽しめるのではないでしょうか?

2016年8月29日月曜日

ひみ番屋街/氷見のお土産はここでGet!

【お土産&飲食、そして、お風呂も】

氷見の海岸沿いへ向かうと、ひときわ大きな駐車場がある施設がある。
その広さは、アミューズメント施設!?っと思うほどです。

敷地内は、氷見市の目玉!「鮮魚店」にはたくさんの魚介が並んでいます。
ほかにも、氷見の食材を堪能できるお寿司などの「飲食店」。
そして、「お土産屋」も多く入店していました。


展望台や足湯もあるので、ぶらぶらと歩いているだけでも楽しいと思いますよ。

2016年8月28日日曜日

怪物くんラッピングバス

【すれ違うとき、自然に視線が…】

街中、観光施設を周遊しています。
ですので、時間をかけて観光していると、結構な確率ですれ違いますよ。

すれ違うとき、自然と視線がバスの方に行ってしまうのは、私だけでしょうか?

街中ですれ違うと、気がついたときには走り去ってしまいます。
ですので、なかなか、シャッターチャンスに恵まれないと思っていました。
でも、氷見番屋街で停車していたのでラッキーでした。


2016年8月27日土曜日

光禅寺/藤子不二雄Aさんの生家

【4体の石像がお出迎え】

けっこういけてる氷見の旅。
氷見っていえば藤子不二雄Aさん。
やっぱりすごい方なんですね。

正直、それほど興味はなかったのですが…。
藤子不二雄Aワールドって楽しいですね。

潮風ギャラリーで藤子不二雄Aさんの生家が近くにあることを知りました。
ということで、行ってきました「光禅寺」。


ここが、藤子不二雄Aさんの生家だそうです。

さらっと見てきたので、詳しいことはわかりませんが、けっこうなインパクト!
ビックリ、そして、感動。

門をくぐると、4体の石像がお出迎え!


これを見るだけでも、「行く価値あり」。
だと思いませんか。
私は、すごくいいものを見た気分になりましたよ。

2016年8月26日金曜日

氷見市潮風ギャラリー/藤子不二雄Aさんの世界を楽しもう!

【小さいが…。ファンにはたまらない?】

氷見といえば藤子不二雄Aさん。

藤子不二雄Aワールドの聖地。
潮風ギャラリーにも行ってきました。


カラクリ時計からだと、キャラクターロードを楽しんだ終点的な場所になるんですかね。

入口に怪物くん登場のチラシが貼ってありました。
時間を合わせて行ってみると…。



この日は、怪物くんがきていました。
なんだか、すごいラッキー!
夢のある演出。

展示されている漫画は普通に読んでも楽しいですよ。
そして、ここでしか買えない、オリジナルグッズもありましたよ。

ちなみに、入場料は200円でした。

2016年8月25日木曜日

キャラクターロード/目を奪われる氷見魚紳士録

【楽しくなる…。街歩き】

さてさて、まだまだ、氷見を楽しまないとっ、ですよね。
カラクリ時計の次は、町並み散策。
やっぱり、氷見といえば藤子不二雄Aさん。

魚で有名な街だと思っていましたが…。
メインストリートを歩いてビックリ!
藤子不二雄Aワールドなんですね。


氷見と言えば、「ブリ」。
このイメージはさすがですね。


カニ丸


トビー


シマシマハカセ


アンボス


エイチョウ


イカゾウ


タコ八


以上、氷見魚紳士録オールキャストでした。

そして、ポストの上にもハットリくん。


楽しい600メートル。
アーケードなので、雨でも楽しめるんですよ。


2016年8月24日水曜日

ハットリくんカラクリ時計/家族で楽しめる5分間

【○○といえば…。vol.9】

前回の「貪瞋痴」に続いて、Go Go 氷見 Part2!

氷見と言えば、藤子不二雄Aさん。

ということで、行ってきました。
子どもから大人まで楽しい「ハットリくんカラクリ時計」
正式名称は「湊川カラクリ時計(虹の橋)」って言うんですかね。

通常はこんな感じのたたずまい。


近くで見るのも楽しいですが、水がかかるかもしれないので注意してください。
そんなこんなで、湊川って川にかかる、「なかのはし」から見るのがいいと思いますよ。



逆光でしたが、今回はビデオを撮影してみました。
つたない編集ですが、我慢してみてくださいね。
では、どうぞ!


ちなみに、ビデオ、写真を撮るときは午前中がおすすめです。

2016年8月23日火曜日

貪瞋痴/ミシュランおすすめラーメン店

【○○といえば…。vol.8】

おいしいラーメンが食べたくて、富山県氷見市の貪瞋痴に行ってきました。
氷見でラーメンといえば…、ここでしょう。

周辺には「ハットリくんのからくり時計」や藤子不二雄Aさんの作品が展示されている「潮風ギャラリー」などがあり、散策していても楽しい街ですね。

おっとっと…。
脱線してしまいましたね。

さてさて、貪瞋痴。難しい名前ですよね。
「とんじんち」って言うんだそうです。
仏教に関する言葉みたいですね。

ラーメンはこんな感じです。


氷見産煮干しラーメン。
なんか芸術的ですよね。
ビューティフルなラーメンだと思いませんか?

まず、立ち上る煮干しの風味に鼻を刺激されます。
そして、スープをレンゲに入れて、すすると…。
これまた、やわらかくて優しい味わい

ところで、このラーメンは具材が別盛りです。


ラーメンが出て来る前にこれが出てきます。
なぜかは聞いたことがありません。

おそらく、ですが…。
黄金色に輝くスープと、その香りを楽しんでもらうためなのではないでしょうか?
それほど、ここのスープはスペシャルだと思います。

お店はこんな感じです。


ミシュランガイド富山石川2016特別版で、ピブグルマン。
最近は、いつもこんな感じなんでしょうか?

ちなみに、ほかのメニューも芸術的ですよ。

2016年8月13日土曜日

太田屋/季節限定!シルキースノーなかき氷

【○○といえば…。vol.7】

「夏」っといえば…。
やっぱり、かき氷ですよね。

富山市内で私の一押し!の「かき氷」
といえば、太田屋さん。


絹のような食感、そして、なんといっても見た目。
涼やかですよね〜。

夏だけしか営業しないのが残念( ;  ; )
営業している時期は、ひっきりなしにお客さんが来ています。

アイスクリームもGoodです。
冬季休業?前には、アイスクリームを買いだめする人もいるらしい…。
そして、地方発送もできるみたいです。

お店は、富山市南部。
JR富山駅から、富山地方鉄道市内電車に揺られて約20分。
堀川小泉駅で降りて西南方向。てくてく、の〜んびり歩いて約7分。
富山高校の正門を目指して歩いてください。
正門から道を挟んで、反対側。
氷の旗が目印です。


なかなかいい感じのレトロ感でしょ。
店内も、The 昭和って感じのいい雰囲気ですよ。

ちなみに、富山高校の正門から見える松は、すごい松なんですってよ。

2016年8月9日火曜日

東山動植物園/コアラって、まるでぬいぐるみですね

【コアラって、まるでぬいぐるみ】

東山動植物園といえば…。
やっぱり、「コアラ」ですよね。

これは、起きているんでしょうか?
寝ているのでしょうか?


後姿ですが、かわいいですよね。
ほんと、ぬいぐるみですよね。

でも、コアラって、だいたい、いつ行っても寝てますよね。
「動いているコアラ」や「起きているコアラ」って、案外、珍しい?

ちょっとピンボケですが、こっちを向いてくれているコアラって初めてです。
やっぱ、かわいいですね。


もしかして、目を開けたまま寝ているのかな?



2016年8月8日月曜日

東山動植物園/クジャクって、ビューティフル!

【美しいクジャクに魅せられて】

東山動植物園といえば、「味噌おでん」。

このおでんが食べたくて、動物園に行きたいと思うことがあるくらいだ。
どんなおでんかというと…。

おっとっと。
今日の話題は「おでん」ではなかった。

今回は、東山動植物園での感動体験を紹介します。

これ、すごいでしょ!


この美しさ、感動です。
1〜3mの至近距離で見ることができるんですよ。

どういうタイミングで見ることができるのでしょうか?
運が良かったのでしょうか?
これぞ、通りすがりのBeautiful Spotでした。

2016年8月6日土曜日

Farm.ワインオープナー クイッククリック/ホイルカッターが付いているのがいいですね

ワインを嗜むようになると、なにかとグッズが気になるようになりますよね?
ちょっと前に、紹介したワインツールセットは、ソムリエナイフを含め大変便利です。

でも、でも、

もっと、便利なソムリエナイフは、ないのだろうか?

ていうか…、私の悩みは、その前にもあります。

皆さんは、どうなんでしょうか?

ワインの詮にかぶっている、ホイル or ビニール。
なかなか手ごわくないですか?
これを上手く取り除きたい。

いろいろ、探してみました。

すると、これを発見!
さっそく、買っちゃいました。


ソムリエナイフとホイルカッターが合体。
すばらしい、発想!すごく合理的なコラボ商品!!

さらに、ワンプッシュで、スクリューとレバーがスタンバイ。
さあさあ、動画を見てください。


どうです。
画期的ですよね?

ひとつ持っていて損はない。
そんな商品だと思います。

マルちゃん「やきそば弁当」/北海道オリジナル!?

【北海道限定?and 北海道の定番!】
【○○といえば…。vol.6】

じゃ、じゃ〜ん!
まだまだ、多くの人が知らない事実を発表します。

札幌じゃ、当たり前。

But

北海道以外では…。


ぱっと見は、ごく普通のインスタントのカップやきそば。

どこが違うか、わっかるかな〜。

どお?
気がつきましたかね…。
右下に注目!

カップは付いていませんが…。


スープが付いているんです。

最近、全国的に有名になりつつあるとは思っているのですが…。
これ、北海道以外の人は…、やっぱり、知らない人が多いんですよね。

普通、「やきそば」を作った後のお湯ってどうしてます?

捨ててますよね。

でも、北海道は違うんです。


ほらね。
こうして、再?利用。


なかなかおいしいんですよ。
体も温まるんです。

すばらしいアイデアだと思いませんか?
なのに、どうして、北海道だけなんでしょうか?

全国で発売してくださいな(^^)