2016年9月4日日曜日

中華料理 きりん飯店/長い間、ありがとうございました。

【○○といえば…。vol.10】

私にとってトップを争う、ソウルフード。
富山のB級グルメの代表格でした。

と、ところが、
めっちゃ、残念なことに、本日、56年の歴史に幕が降ろされるそうです。
営業は20時まで、でも、材料がなくなったら閉店だそうです。

店主さんは82歳。
もう、鍋をふることが大変になっていたみたいです。
ほんと、お疲れさまでした。

ここのおすすめは、なんといっても「中華丼」。


すごいボリュームでしょ。
チャーシューと目玉焼きがすごいんです!
ちなみに、スープもついてます。


これが、もう、ここでは食べられなくなるなんて…、残念。
そして、さみしいですね。


メニューはこんな感じです。

あっ、そうそう。
焼豚麺(ヤキブタソバ)=チャーシュー麺のインパクトは強烈でしたよ。
ということで、これもおすすめ、一度は食べてみてください。

そう思われた方は、奥田店と雪見橋店。
じつは、富山市内には、この味を楽しめるお店がほかに2店あるんです。
私もこれからは、そちらにおじゃまいたします。

でも、ここを通ると思い出すんだろうな〜。


おいしい思い出ありがとうございました。


0 件のコメント:

コメントを投稿